眠れない時の対処法|眠くなるにはどうすると良いの?

眠れない時の対処法|眠くなるにはどうすると良いの?

眠れない時の対処法!眠くなるにはどうすると良いの?

眠りたいのに眠れないときが一番つらいですよね。眠りたいと考えるときには、身体が疲れているとか、明日重要なことがあるから必ず早く起きたいので早く眠りたいとか人それぞれに理由があるでしょう。しかしそのような時に限って眠れない時が訪れたりするのです。

 

そのときにはどのような対処法をとるといいのでしょうか。眠くなるにはどうしたら良いのか方法をいくつかご紹介します。まず一つは、リラックスを心掛けるという方法です。リラックスをする方法はいくつかありますが、まずぬるめのお風呂に入るということ。これは神経を鎮めるために必要であり、高い温度のお風呂は効果はありません。

 

また手足の冷えがあると眠れないので、手足を温めて循環を良くしてあげると入眠効果を得ることが出来ます。そのためにもしもお風呂に入ることが出来ないという場合は、足をお湯につけてみる。それも難しければ、足を温かいタオルでくるんだり、しっかり保温をしてあげることが大切なのですね。

 

またしっかり温めた後にマッサージをするのもおすすめ。マッサージをすると体の血液の循環はよくなりますし、マッサージの時間って贅沢な時間だと思いませんか?そう思う精神的余裕がリラックス効果を生むのですね。

 

そのようにして布団に入ったけれど、やっぱり眠れないという時、眠れないということを考えるのはやめましょう。実際に眠れない時にいろいろ考えると神経は逆に高ぶってしまうので、眠れなくなる場合が多いです。体の疲労は横になっているだけでもとることが出来ます。そのために眠れない時の対処法は無理に寝ようとせず、身体を休めるという気持ちで静かに横になっておくということが大切です。

 

また眠れない時って神経が高ぶって眠れないことが多いです。その時の対処法としては、神経を落ち着かせることが大切ですね。そのために行うことは、瞑想や呼吸法なのです。実際に眠りに入っていく瞑想をする、自分が沈んでいくような瞑想をしているといつの間にか寝ているということもあります。

 

 

また何も考えずに呼吸に集中をしていると、神経は余計なことを考えなくても済むために、段々と落ち着いてくるのです。瞑想や呼吸法を始める前は心拍数が増加して興奮した状態であってもそれがだんだん心拍数が落ちてくる、そして冷静になってくるのを実感できるでしょう。そして体も次第と入眠できる形に変化をしてくるのです。
心拍が落ちてくるというのは、副交感神経が優位に働いているということです。そのために入眠しやすい状態になったということを意味しています。


ホーム RSS購読